旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

巷を騒がせている「邪馬台国 卑弥呼 時代」を調べた結果!

ノンカテゴリ

巷を騒がせている「邪馬台国 卑弥呼 時代」を調べた結果!
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

邪馬台国、それは私たちの日本が初めて国として成立した日本のルーツとも言うべき原点なのです。西暦200年前後、30の小国を率いた国、日本初の連合国家だった。その邪馬台国を治めていたのが、女王卑弥呼。しかし、その本当の姿はいまだに謎に満ちている。どんな人物だったのだろうか?そしていったいどこにあったのだろうか?近畿説と九州説があり、どちらも一歩も譲らない。

江戸時代半ばに、江戸幕府を代表する学者、新井白石が、魏志倭人伝を読んだのがきっかけだった。魏志倭人伝に記されていた国名は、九州の地名に当てはまっていた。しかし、邪馬台国は、「邪馬台国と言いしは、今の大和の国を言いしなり。」と書いてある。これが畿内説の始まりとなった。ところが、もう一つヤマトという地名を見つけてしまう。それは、九州福岡県の「山門」である。これによって九州説が立ち上がった。

歴史ミステリー 邪馬台国の女王・卑弥呼1

卑弥呼の選択に迫る!倭国と中国のつながり。1800年前弥生時代から古墳時代に移るころの話し。卑弥呼の外交能力、戦略。 さまざまな専門分野の方々の意見を聞く。卑弥呼は一重まぶたで渡来系の顔していた。美人だった。シャーマン的なところがあるといわれるが、占って神のの声を聞いて政治を決めるのは、当時としては普通の事。

1分でわかるミステリーの通説

邪馬台国、それは私たちの日本が初めて国として成立した日本のルーツとも言うべき原点なのです。西暦200年前後、30の小国を率いた国、日本初の連合国家だった。その邪馬台国を治めていたのが、女王卑弥呼。しかし、その本当の姿はいまだに謎に満ちている。どんな人物だったのだろうか?そしていったいどこにあったのだろうか?近畿説と九州説があり、どちらも一歩も譲らない。

邪馬台国と三国志の関係に迫る!

江戸時代半ばに、江戸幕府を代表する学者、新井白石が、魏志倭人伝を呼んだのがきっかけだった。魏志倭人伝に記されていた国名は、九州の地名に当てはまっていた。しかし、邪馬台国は、「邪馬台国と言いしは、今の大和の国をいしなり。」と書いてある。これが畿内説の始まりとなった。ところが、もう一つヤマトという地名を見つけてしまう。それは、九州福岡県の「山門」である。これによって九州説が立ち上がった。

それでは、ツイッターの投稿も見てみましょう!

天皇制の日本国が建国されたのは、紀元前660年であり、今年で皇記2677年になりますが、紀元前200年頃に、我が国には30の小国の連合国として邪馬台国が存在していました。それを統率していたのが、女王卑弥呼です。とても美しい渡来人と言われています。
しかし、どんな人物であったのか?どこにあったのかは、いまだに謎に包まれています。いずれにしても、私たちの国は、素晴らしい国であった事は間違いありません。

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法