稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

急上昇キーワード「マッカーサーが敬う 昭和天皇」とは!?

ノンカテゴリ

急上昇キーワード「マッカーサーが敬う 昭和天皇」とは!?
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

昭和天皇を心から尊敬し讃えたマッカーサー

これは真実の出来事です。
終戦直後の1945年9月27日、昭和天皇はGHQ最高司令官ダグラス・マッカーサーと会談。「全ての戦争責任を負う」との陛下の発言にマッカーサーは大いに感動し、「私はその瞬間、私の前にいる天皇が、個人の資格においても日本の最上の紳士であることを感じ取ったのである。」と後年、語った。

私の命に替えて、国民を救いたいと願い出たのです。

マッカーサーに会った昭和天皇は、こう語ったと伝えられている。
「私は、日本の戦争遂行に伴ういかなることにも、また事件にも全責任をとります。また私は日本の名においてなされたすべての軍事指揮官、軍人および政治家の行為に対しても直接に責任を負います。自分自身の運命について貴下の判断が如何様のものであろうとも、それは自分には問題ではない。構わずに総ての事を進めていただきたい。私は全責任を負います」

この言葉に、マッカーサーは驚いた。彼は、昭和天皇が命乞いにくるのだろうと考えていたからだ。
自らの命と引き換えに、自国民を救おうとした国王が、世界の歴史上あっただろうか。

この時マッカーサーは、次のように返答したという。
「かつて、戦い敗れた国の元首で、このような言葉を述べられたことは、世界の歴史にも前例のないことと思う。私は陛下に感謝申したい。占領軍の進駐が事なく終ったのも、日本軍の復員が順調に進行しているのも、これ総て陛下のお力添えである。これからの占領政策の遂行にも、陛下のお力を乞わねばならぬことは多い。どうか、よろしくお願い致したい」(藤田侍従長による『侍従長の回想』)

出典 http://www.nipponnosekaiichi.com

マッカーサーを感動させた昭和天皇のお言葉

これが、BC660年から、連綿として続いている、我が国日本の天皇陛下です。
このような精神性こそ大和民族の魂であり、国民を思う最高司令官の心なのです。
私たちは素晴らしい国に住んでいます。自分の命に代えて国民を守ろうとする国王、君主があったでしょうか?!マッカーサーも驚いてしまい、天皇陛下に感謝したのです。

マッカーサーの遅すぎた悔恨・・・・
「侵略の世界史」清水馨八郎著(祥伝社)より引用

マッカーサーの占領政策が、敵対から途中で同盟に大転換したのは、
昭和25年に突如発生した朝鮮動乱からだ。

日本に自衛隊の創設を認め、防衛の協力者にすることに方針が一変した。

朝鮮戦争とは、共産圏のソ連と中国が
北朝鮮をそそのかし韓国に侵入させたもので、
中ソとアメリカの代理戦争であった。

米国はそれまで中ソは連合国側で仲間と考えて
北に対し何の防備もしていなかった。

ここで初めてマッカーサーは、
かって日本が戦った日清戦争と日露戦争を一緒にしたものを
日本に代わって米軍が戦わされているということに気が付くのだ。

そしてマッカーサーは、
日本の過去の戦争がすべて中ソに対する自衛のためのものであったと、
始めて確信するのである。

これを契機にアメリカもスターリンの罠に掛かっていたことに気が付くのだ。
大戦終了時から芽生えつつあった米ソ対立の冷戦が明確なものとなった。
米国の真の敵は日本ではなくソ連だったのだ。

出典 http://seitousikan.blog130.fc2.com

KSM】「マッカーサーの告白」検証 報道されなかったマッカーサーの証言「東京裁判は誤り」「日本は自衛のため戦争をしたのです。」東京裁判

マッカーサーの告白、遅すぎた悔恨

日本は自衛戦争だったのです。侵略戦争ではなかったのです。

東京裁判で、ローガン弁護士は徹底してアメリカの責任を追求した。
昭和23年(1948年)3月10日最終弁論において、連合国側
特にアメリカがいかに経済的に、軍事的に日本を追い込んだかを論証
した彼は、大東亜戦争は連合国の不当な挑発によって引き起こされた
のであるとし、
「日本の攻撃が自衛手段でないと記録することは、実に
歴史に一汚点を残すものである」と力説した。

ツイッターでもたくさんの意見が載せられています。見てみましょう。

日本は侵略戦争なんてしていません。マッカーサーの証言でもわかるでしょう!でも残念ながら、歴史の真実は戦争勝者によってねじ曲げられ、更に反日勢力によって、虚偽の歴史認識が作られ、国民に植え付けられてしまったのです。大和魂や愛国心は戦争を正当化し助長するものではありません。真の愛国心は正義、公平、慈愛、憐れみ、の徳に基づくものです。戦争する為のものではありません。私たちの国は正しい国です。法と秩序と思いやりの保たれた国です。そのことを忘れないでください。

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう